ノマドワーカーへの憧れ

ライフスタイルブログ

タイムリリース型メラトニン(Life Extension, メラトニン, 6時間徐放, 3 mg,)を2週間ほど飲んだ感想

f:id:utosa:20200130154606j:plain

Life Extension, メラトニン, 6時間徐放, 3 mg, ベジタブル錠剤 60 錠 - iHerb

 

タイムリリース型メラトニンを2週間ほど試してみたので体感を書いていきます。

 

 

タイムリリース型メラトニンとは?

タイムリリース型メラトニンは普通のメラトニンと違って、メラトニンの持続時間が長いものです。

 

普通のメラトニンと比べて長く体内に残るという事ですね。そうする事で、夜中に目が覚めてしまう方に効果的なようです。

 

 

錠剤はこんな感じ

f:id:utosa:20200130154901j:plain

 

粒が小さくて飲みやすいです。

 

 

通常のメラトニンと比べて

以前にnow foodsのメラトニン3mg←これ(通常のタイプ)を飲んでいたのでこちらと比較してみたいと思います。

 

眠くなるまでの時間の違い↓

  • 通常のメラトニンは、飲んでから眠くなるまで30〜1時間くらい
  • タイムリリース型メラトニンのは眠くなるまで30〜1時間くらい。

 

しかしタイムリリース型はnow foodsのメラトニンと比べて、飲んでからくる眠気が弱い。寝起きの感覚は、タイムリリース型の方がスッキリ起きられる。

 

熟睡感もタイムリリース型の方が感じられる。通常のメラトニンの方が、飲んでからくる眠気が強く入眠作用は強いかも知れません。その点においてはタイムリリース型は劣ると感じました。

 

しかし、寝起きの感覚、熟睡感についてはタイムリリース型の方がスッキリ起きられ、熟睡感があります。

 

 

まとめ

通常のメラトニンよりタイムリリース型の優れているところ↓

 

  • 熟睡感がある
  • スッキリ起きられる←睡眠の質が上がったから?

 

通常のメラトニンと比べて差はありましたが、そこまで...という感じで、劇的なものではありませんでした。

 

タイムリリース型のメラトニンは普通のメラトニンと比べて値段が結構高いです。

 

今回タイムリリース型のメラトニンを試してみましたが通常タイプのメラトニンと比べて劇的な変化を感じたわけではないので値段の面から言っても普通のメラトニンでいいかなと思いました。