ノマドワーカーへの憧れ

ライフスタイルブログ

筋トレの記録はカレンダーアプリを使うのがオススメ

f:id:utosa:20191218130702j:plain

筋トレは体の回復期を設けるためにトレーニングを三日間は休むなど決めてルーチンをこなします。

 

でもたまに(あれ?前回筋トレしてから今日まで何日休んだっけ?)となってしまうことがあります。

 

そこで筋トレした日をスマホのカレンダーに記録しておくことによって筋トレの回復期を忘れずににトレーニングが行えます。

 

 

スマホのカレンダーならどこでも記録できる

f:id:utosa:20200108094303j:plain

スマホのカレンダーならば場所を選ばずに記録することができます。

 

ジムでののトレーニング中でも記録できますし終わってからでも、いつでもどこでも記録することができます。

 

 

僕の場合こんな感じで記録しています

僕の場合は使用端末はiPhoneなので、カレンダーを開いて筋トレした日に筋トレと言う予定を入れます。

 

iPhoneのカレンダーには予定+メモも書き込むことができるので、メモ欄にはその日には使えた重量を記録しています。

 

重量を記録することで、扱える重量が上がった場合自分の成長を確認することができモチベーションアップにもつながるのではないでしょうか。

 

 

カレンダーアプリなら何でも良い

f:id:utosa:20200108094210j:plain

iPhoneをお使いでない方も、スマホに元からついているカレンダーでもいいですしもしないのであれば、カレンダーアプリをダウンロードすればオッケーです。

 

お勧めのカレンダーはGoogleカレンダーです。

 

今はiPhoneの純正カレンダーアプリを使っていますが一時期Googleカレンダーを使っていたことがあり、こちらも使いやすかったためもしカレンダーアプリがない方にはお勧めです。

 

 

カレンダーアプリを利用して筋トレの効率をアップ!

紙カレンダーではなくスマホのカレンダーを利用することでいつでもどこでも記録することができます。

 

筋トレをした日をカレンダーに記録しておくことで回復期をしっかり確保できたり、ずれたりしなくなるので効率的に筋トレができるのではないでしょうか。

 

また、カレンダーアプリにメモ欄があるのであればその日に扱った重量を記録しておくと後から見たときに自分の成長が実感できてモチベーションアップにつながるかもしれません。