ノマドワーカーへの憧れ

ライフスタイルブログ

プロテインと BCAA の違いをわかりやすく解説

 

f:id:utosa:20191005155019j:plain

 

 BCAA とプロテインの違いがよくわからないよ、どっち飲めばいいの?

 

→こんな疑問にお答えします

 

この記事の内容
  • BCAA とプロテインの違い
  • それぞれの効果を解説
  • 目的別で飲みわける

 

BCAA とプロテインは別物

f:id:utosa:20191201114449j:plain

 

BCAA とプロテインは別物です。

 

BCAAはタンパク質を構成しているアミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシン。

 

プロテインはアミノ酸で構成されたタンパク質。

 

効果も違うので目的別で飲み分けることによってパフォーマンスアップが望めます。

 

含まれているアミノ酸が違う

f:id:utosa:20191124101834j:plain

 

BCAAとプロテインの異なる所は含まれているアミノ酸が違うというところです。

 

BCAAに含まれるアミノ酸

  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン

 

プロテイン=必須アミノ酸9と非必須アミノ酸11の集合体

 

分かりやすく例えると

f:id:utosa:20191201114829j:plain

 

プロテインが日本だとするとBCAAは3つのアミノ酸が含まれるので東京、大阪、名古屋という感じです。

 

BCAAにはすべてのアミノ酸が含まれていないので飲んでも筋肉の材料にはなりません。

 

プロテインはほとんどのアミノ酸が含まれているので筋肉の材料になります。

 

どちらを飲めばいいのか?

f:id:utosa:20191201113201j:plain

 

BCAA の効果
  • 持久力の向上
  • 集中力の向上
  • 疲労感の軽減

 

プロテインの効果
  • 体を構成する栄養素となる

 

BCAA はトレーニング中に飲むワークアウトドリンクとして飲むことで持久力の向上や集中力の向上疲労感の軽減が望めます。

 

プロテインはトレーニング後やタンパク質が必要な時に栄養補給として使うことで体を作っていくことができます。

 

目的によって飲み分ける

BCAA = トレーニング中のパフォーマンスを上げてくれる

 

プロテイン= タンパク質なので上手に摂取することで体を作ってくれる

 

BCAA とプロテインにはこのような特徴があるのでうまく飲み分けることで効果を得ることができます。

 

BCAA はトレーニング中に飲むワークアウトドリンクとして、 プロテインはトレーニング後やたんぱく質が必要な時の栄養補給として。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村