ノマドワーカーへの憧れ

ライフスタイルブログ

クレアチンは筋トレの効率を上げてくれるサプリです

f:id:utosa:20191026161456j:plain

 

クレアチンとは?

簡単に説明するとパフォーマンスをアップさせてくれる物質です。 効果としては 体の炎症を抑えたり、 扱える重量が上がったりすると言われています。

 

「クレアチン」は、もともと筋肉に含まれ、瞬発力、パワー、スピードが重要視される爆発的な運動時のエネルギー源となる物質。

出典元: DNSZONE 

 

 

 

筋トレ停滞期にはクレアチンが効くかもしれない?

筋トレをしばらく続けていると停滞期が来ます。 この時期はなかなか筋トレしても初期の頃ほど筋肉の成長を感じづらかったです。

成果が目に見えにくくなるのでモチベーションも下がりました。

私は当時クレアチンを飲んでいなかったのですがなんとなく試してみたくなり 飲んでみました。

 

 

 

トレーニングの翌日に筋肉痛がくるようになった

当時私は 自重トレーニングがメインでした 、 ジムでベンチプレスをやった時は翌日に筋肉痛が来るのですが 自重トレーニングで腕立てをした場合は 翌日に筋肉痛が来ないことがありました。

私の場合、筋肉痛は トレーニング時にしっかり筋肉を追い込めたかどうか判断する基準にしています。

クレアチンを飲み始めてから 自重トレーニングであっても 翌日に筋肉痛がくる可能性がとても高くなりました、これはクレアチンの最大筋力が上がるという作用により今までより強い負荷をかけることができたからかと思います。

 

 

 

飲み方

クレアチンにはローディングと言って短期間で多めのクレアチンを摂取して体内のクレアチン濃度を上げる方法があります 。

体内のクレアチン濃度上げることによって効果を上げるためにします。

私の場合はローディングをせずに1日5 G ずつ摂取していました。それでも飲んですぐに効果を実感できました。

大体3日くらいで。

手に力を入れた時にいつもより力が入る感覚がありました。 多分これはクレアチンが効いているということなのかな?

 

 

 

筋肉痛の期間も短くなった

 クレアチンには体の炎症を抑える作用がありますこれによって筋肉痛の期間が短くななったからだと思います。

これはあくまで私の体感ですが 飲んでいない時よりも 筋肉痛になっている時間が減ったと感じました。

 

 

 

おすすめのクレアチン

 クレアチンにはいろいろ種類があってモノハイドレートタイプ、クレアルカリンと呼ばれる体内の吸収効率が高いものまであります。

一番スタンダードなのはモノハイドレートタイプで価格も安いです。

クレアルカリンも使ったことがありますがこれもすごい効果を実感しました。 でも高い。。。

 モノハイドレートタイプでも効果実感してるのでこっちでいいかなって感じです(笑)

現在は オプチマムニュートリションのクレアチンを使ってます。

 

現在使っているクレアチンです↓

jp.iherb.com

なんでこれかというと他のクレアチンと違いこのクレアチンはサラサラしてるんです。

私はクレアチンをを5 G ずつ飲んでいるので5 Gの計量スプーンすりきりにクレアチンを取ります。

サラサラだと計量スプーンを振った時に余分な分がさらさらと落ちてくれて5 G ぴったりに調整しやすいです。

味は若干にがく食感はシャリシャリしています。←クレアチンはどれもこんな感じです。

あとスプーンは付属していないので気を付けてください(笑)

 

 

 

まとめ

筋トレの停滞期にクレアチンを飲むことによって今までより強い負荷をかけて停滞期を突破しやすくなるかも!

クレアチンのタイプにはいろいろあるけど最初はモノハイドレートタイプがオススメ。 信頼できるメーカーのものなら何でもいいんじゃないかなって思います(笑)

 

jp.iherb.com

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村