ノマドワーカーへの憧れ

ライフスタイルブログ

ジレットのシェービングフォームが敏感肌におすすめ

f:id:utosa:20191023151228j:plain

 

 

色々試したけど これが一番いいんじゃないか説

私は髭が濃 い くせに 肌が弱いので 深剃りしては肌荒れ というループに はまりやすいです。

なので 、 カミソリを使うのか電気シェーバーを使うのか シェービングフォームはどれがいいのかなどと 試行錯誤してきました。

その中で このシェービングフォームが 一番いいなと思ったので 紹介していきます。

 

 

 

構成成分がいい感じ

f:id:utosa:20191023151706j:plain

このシェービングフォームにはパラペン が含まれていないんですよね、 パラベンって防腐剤で 体に悪影響を及ぼすみたいです なので最近はパラベンフリーの シャンプーやボディソープが増えてきました。

でも、 シェービングフォームでは パラベンが入っているものが ほとんどですね。

ジレット以外にも シックとか も使ったのですが やっぱりパラベンが含まれています。

 

 

 

刺激が少ない

前にシックの 緑色の缶のやつ( 薬用シェーブガード) を使ったのですが あれは 私には刺激が強かったです もともと肌が弱いってのもあるのですが、 シェービングフォームを塗って しばらく経つと 口周りと頬のあたりが ヒリヒリしてきました。

メントールとかの スースーが ヒリヒリになったのかな?

でも ジレットピュア&センシティブ は メントールが入ってるみたいなんですか 肌の弱い私でも ヒリヒリしたり しなかったです。

低刺激ってことですね。

 

 

 

香りも good

香りはラベンダーです。 特に強いわけでもなく パッケージ通り微香性です。

アロマっぽいわけではないので ラベンダーの香りが嫌じゃなければ 爽やかでとてもお勧めできます。

シェービングフォームによっては香りが酷いものもあるので、 そういうものは 途中で使わなくなっちゃったりしますよね(笑)

 

 

 

 

シェービングフォームのタイプは クリームタイプ に落ち着いた

僕の場合肌が弱いので ブラウンの電動シェーバーを使ってい ます。

なので一度 電気シェーバー用の ジェルタイプのシェービングフォームを使ったことがあるんですけど、 なぜかクリームタイプより シェービング後肌がヒリヒリしてしまったので もしかすると クリームタイプの方が 肌の弱い人には向いているのかもしれません。

またローションタイプも使ったことはあるのですが( 塗って乾いてから剃るタイプ) これは全然ダメでしたね(笑)

速乾性なので 、 アルコール系の 成分だと思うんですけど 結構 ピリピリしました。 それに 剃った後も 肌荒れを起こしてしまいました。

結果的に クリームタイプが 一番いいんじゃないかなと思ってます 価格も安いですし 使い方も簡単ですし。

 

 

 

ちょっとおまけ 

私は髭が濃いくせに肌が弱いので 毎回深剃りして 肌荒れを起こしてたんですけど それが そこそこ改善できたシェービング方法があります。

 T 字カミソリではなく電動シェーバーを使う

これによって 結構 肌のダメージが軽減できるんですよ。 T 字カミソリだと 肌に直接密接するんで 肌のダメージが大きいですね。

それに対して電動シェーバーは 肌に付着し ないので 肌が切れてしまうことが あまりないです。 密着してるんですけど肌と刃の あいだに 金属のあみあみ が入る 構造なんです。

それと T 字カミソリに比べて 逆 剃り で髭を剃って行くので 全体的に ムラが少なく 取ることができます。 鼻の下とか T 字カミソリより 剃り残しを 減らすことがで きました。

私の場合は 電動シェーバーなのですが ウェットシェービングと言って 肌を濡らしてから そこにシェービングフォームを塗り それから髭を剃っています。 このやり方が 現時点で 一番肌に負担をかけず ムラを少なく シェービングできるのかなと 思います。

 

 

 

まとめ

いろいろシェービングを使った中で 一番使い勝手がいいかなと思います。

肌の への刺激も少ないし 香りも 爽やかで 剃り終わった後も残ったりし ないです。

価格も 安いので なかなかオススメです!

 

 

 

amazonのリンクはこちら↓

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村